2011年08月30日

【イベント】9月11日(日)エネルギーの自給を考える@美山

転載元:http://satoyama-sha.com/
(詳細及び最新情報は必ずこちらのリンク先でご確認ください。)



”エネルギー”や”食糧”は人が人らしく生きていく上で、命の根幹に関わる大切な問題です。私たちはその大切な事を、あまりに他人任せにしてきたのでは無いでしょうか?東日本大震災から半年。”エネルギー”として作られる過程や料金が一方的に決められ、供給される”電力”を見直し、地域の特色を生かして、身の丈にあったエネルギーの自給について皆さんで考えてみませんか?今回は小水力発電に光を当てます。

日 時 9月11日 PM3:00開場(チャリティーコンサート有り)
内 容
    PM4:00 エネルギーの自給について考えるシンポジウム
     パネラー
      辻  大地 氏(京都府農林水産部 農村振興課 )
      吉田 大  氏(物々交換局 代表)
      関谷 龍子 氏(佛教大学社会学部公共政策学科 准教授)
       会場の参加の皆さんからも、ご質問、ご意見を賜ります。
    PM5:30 映画上映
     ミツバチの羽音と地球の回転
場 所 美山町文化ホール(南丹市美山町島)
協力金 500円(震災義援金とします。)

震災チャリティーバザー
 3.11以前に福島県川内村で作られた安全な特産品(主に乾物)を販売します。

主催 宮島振興会
後援 南丹市 南丹市教育委員会 北桑田高校PTA
   NPO法人 美山里山舎
posted by FM797こみねっとラジオチーム at 15:23| こみねっと情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

【イベント】9月10日(土)NPO法人使い捨て時代を考える会 脱原発連続講演会第5弾

■■NPO法人使い捨て時代を考える会
       脱原発連続講演会第5弾■■

http://www.tukaisutejidai.com/SUB/PICKUP/1109PickUp/PICKUP110910.html

 「脱原発・共生の社会に向かって」
★託児あり:事前に使い捨て時代を考える会
事務所(075-361-0222)までお申込みください
■日時:9月10日(日) 午後2時〜4時半
■場所:ひとまち交流館 京都(河原町五条下る)
■入場無料(原発事故被災者義捐金にご協力をお願いします)
■テーマと講師:
  ●「いま村になにが起きているか?−原発震災後の有機農業と
     これからの食」
    星 寛治さん:1935年生まれ
             山形県高畠町有機生産者・詩人
             有畜小複合経営を行う
             2001年より東京農業大学客員教授
             詩集に『はてしない気園の夢をはらみ』『種を播く人』
             著書に『有機農業の力』
             共著に『脱原発社会を創る30人の提言』(2011)などがある
 ●「食の放射能汚染にどう立ち向かうか」
    槌田劭さん:1935年生まれ
            使い捨て時代を考える会相談役
            前京都大学工学部教授(金属物理学)
            前京都精華大学教員(環境社会学)
            1978年伊方原発裁判に原子炉心担当証人として原告側に関わる。
            著書に『脱原発・共生の道』(2011新版)などがある
■問合せ:使い捨て時代を考える会事務所
               TEL075‐361−0222 FAX075−361‐0251
               e-mail: info@tukaisutejidai.com
posted by FM797こみねっとラジオチーム at 19:02| 東日本大震災被災者支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

【8月27日】まちづくり実践塾セミナー第1回 防災まちづくり総論「東日本大震災を人ごとにしない」

▼まちづくり実践塾セミナー
http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/content_list.php?type=103

▼第1回 防災まちづくり総論「東日本大震災を人ごとにしない」
http://machi.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk17/pub/sheet.php?id=2901

開催日:2011年8月27日(土)
主催:(財)京都市景観・まちづくりセンター
開催時刻:13時〜15時
締切日:空きがあれば当日まで受け
会場:ひとまち交流館 京都 地下1階ワークショップルーム http://machi.hitomachi-kyoto.jp/access.html
定員:50名
対象者:防災まちづくりに関心のある方
申込方法:電話、ファックス、メール
費用: 無料

講師:牧紀男氏(京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 准教授)

内容詳細:もしも西日本に巨大地震が来たら、京都はどうなるの!?
東日本大震災の災害状況を知るとともに、想定する西日本大震災における京都のリスクを学びます。

問い合わせ先:
電話:075-354-8701 ファックス:075-354-8704
メール:machi.info@hitomachi-kyoto.jp
posted by FM797こみねっとラジオチーム at 16:18| 防災・減災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。